ビオチン(ナウフーズ)を使った人の口コミをチェック

色白なのでまだ肌への効果は実感していませんが、日焼けをすると肌がかゆくなっていたのが全くなくなりました。
肌が丈夫になったんだと思います。

飲み始めてから2週間たちますが、生理になると悩まされていたニキビも治りが早くなりました。

朝晩1錠ずつ服用して1週間経ちましたが手の甲が白くなりました。
効果が早くてビックリしています。

肌と髪にツヤが出てきました。
飲むのを中止するとアトピーがまた出てきます。(30代)

始めてから1か月もたたないうちに肌の状態がよくなりました。
ツヤツヤです。(30代)

ビオチンがもたらしてくれる効果とは

ビオチンはビタミンB群に属しますが、主に全身の血流をよくしてくれる作用があります。
お肌の新陳代謝は通常1か月前後で行われるため、日焼けで肌が黒くなっても生まれ変わりとともに次第に白く戻ります。
しかしこのリズムは紫外線の影響や加齢で乱れてしまうことがあり、メラニン色素が次第に固着してシミやそばかすになります。

 

そんな時にビオチンの作用で全身の血流がよくなれば肌の新陳代謝が促され、蓄積されたメラニン色素を排出してくれて白い肌へ導いてくれます。
さらには皮膚の炎症を抑えてくれる作用もあるため「肌の調子がいい」「ニキビが治った」という口コミを寄せている人も多いです。

 

また髪や爪が健康になったことを感じている人もいます。
実際にビオチンは白髪を黒い髪に戻してくれる作用や爪を強くしてくれる作用があるためで、最初からこの目的で購入している人も少なくありません。

ビオチンの副作用は

このサプリは1回1粒、1日2回までの摂取が推奨されていて、1粒に5,000mcg(5mg)のビオチンが含まれています。口コミを見ると「飲んでから便秘になって下剤を飲んだ」「胃の調子が悪くなった」というものがあり、体質によっては副作用の可能性もあります。

 

もし過剰摂取をしても尿で排泄されてしまうためその可能性は極めて低いのですが、例えば空腹時に服用する胃には刺激となって副作用が出るかもしれないため、必ず食事と一緒か食後に摂取しましょう。またいつまでも症状が治まらない場合には中止しましょう。

 

このサプリに含まれているビオチンの量は日本産のビオチンサプリと比べても特別に多い量ではありません。それでも副作用が心配な場合ははじめから国産を選んでおいた方が無難です。

関連ページ

ナウフーズ L-システイン
海外産のL-システイン(ナウフーズ)は国産の美白サプリの多くに含まれているL-システインの量の配合が多いのが魅力で日本でも利用者が増えています。L-システインがどんな効果をもたらしてくれるのか、副作用の心配はあるのかなど、口コミをチェックしてみましょう。
トランサミン500mg
皮膚科でシミや肝斑の治療を受けた時に処方される内服薬の成分の一つの“トラネキサム酸”を主成分としているのがトランサミン500mgです。海外産のサプリで不安に思う人もいますが、日本の第一三共株式会社が海外で製造しています。実際に使った人はどんな効果があったのか、口コミを見てみましょう。
リポソームビタミンC
美容と健康のために欠かせないビタミンCを体に最大限吸収されるように開発された、リプライセル社が製造するリポソームビタミンC。その効果の高さから日本や海外の医療現場でも使われています。リポソームビタミンCは他のビタミンCサプリと比べてどう違うのかを見ていきましょう。
ユビキノール
特に女性は年齢を重ねるとシミやそばかすなどの肌トラブルや原因不明の体調不良に見舞われることがあります。ユビキノールの主成分である“コエンザイムQ10”はこのような辛い症状を改善してくれる成分でいつまでも若々しくありたい人におすすめです。アメリカのヘルシーオリジンズが製造販売する“ユビキノール”を実際に使った人の口コミを見ていきましょう。