ピュアホワイトの口コミをチェック

ピュアホワイトを飲み始めてもう2年、肌の色があきらかに明るくなってファンデーションも一番明るい色を使えるようになりました。ずっと続けていきます。(20代)

外に出る機会が多い私ですがピュアホワイトでシミにならず、既にあったシミが薄くなってきました。内側からのケアも大切ですね。(40代)

1日3回、3錠ずつ飲むのが最初は面倒でしたが、慣れたらなんとも思わなくなりました。気づけばもう4本目、ちょっと生活が乱れても肌荒れを起こしにくくなりました。

肌を白くしたくて買いましたが生理痛が全くなくなってびっくりしました。もう鎮痛剤を飲む必要はありません。(30代)

友人のすすめで飲み始めましたが、疲れやすかったのが改善されて大人ニキビもよくなってきました。飲み続ければもっと効果が期待できるのかなと思います。(40代)

ピュアホワイトの独自成分と効果は?

ピュアホワイトのタブレットタイプを服用した人の口コミで「肌色が明るくなった」「シミが薄くなってきた」「体調がよくなってきた」と実感できている人が多いのは、他にはない独自の成分の効果です。

 

中華料理店で杏仁豆腐を注文すると上にのっていることがあるクコの実は、紫外線から身を守るために赤く熟すという特徴がありますが、資生堂はクコの実から抽出できる“クコの実エキス”にはビタミンCの2倍美白作用があることを発見し、これが明るい肌に導いてくれます。

 

一方で体調に関する口コミついて、女性が健康を崩すと女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。クコの実エキスと“アブラ椰子オイル”には全身の血流をよくする成分が含まれていて、女性ホルモンを活発に分泌してくれるため毎日健康に、また美肌(女性ホルモンの一つの“エストロゲン”は美肌ホルモンとも呼ばれています)を作ってくれます。

 

さらに女性で悩まされている人が多い生理痛は子宮と卵巣の血流が悪くなり、痛みの原因であるプロスタグランジンという物質が生成されることで起こります。
全身の血流がよくなればプロスタグランジンの生成も次第に抑えられて痛みの軽減につながります。
「生理痛が楽になった」という口コミが意外と多いのもこれが理由です。

ピュアホワイトに副作用の可能性は?

ピュアホワイトで副作用があったという口コミはほとんどありません。

 

ただ使われている成分の一つのビタミンCには過剰摂取による下痢や腹痛の副作用が指摘されています。

 

また二酸化ケイ素は過剰摂取による発がん性も指摘されています。
もちろん一日あたりの使用量(1回3粒×3回)を守ればその心配はありませんが、症状が出た場合には使用を中止しましょう。

関連ページ

ハイシーホワイト2
“飲むシミ対策”のキャッチコピーでお馴染みのタケダのハイシーホワイト2はバランスよく配合された成分の作用でシミ、そばかす、肝斑、ニキビ跡の改善に効果を発揮してくれます。他社製品とは違う、ちょっと変わった成分も含まれているハイシーホワイト2を使った人はどんな効果があったのかを口コミを見てみましょう。
トランシーノホワイトc
「シミがなくなればあなたも輝ける」というキャッチコピーが女性にとっては魅力的なテレビCMでもお馴染み、第一三共から発売されているトランシーノホワイトcは美肌を作るのに欠かせないビタミン類を豊富に含んでいます。コスパもよくて続けやすいトランシーノホワイトcを使った人は具体的にどんな効果があったのでしょうか?
ホワイトショット インナーロックIX
他社のいわゆる美白サプリは配合量が違えども、大体同じような成分が含まれているものが多く、当然得られる効果もほぼ同じです。しかし化粧品のポーラが販売するホワイトショットインナーロックIXには独自成分がいくつか含まれていて他とは違う効果も期待できます。実際に使った人の口コミと具体的な効果を見ていきましょう。
DHCの美白サプリ
DHCサプリと言えばコンビニでいつでも購入できるイメージで、その手軽さから効果に関しても半信半疑という人は少なくありません。しかし“エルシスホワイト”と“クリスタルホワイト”の2つのサプリに関してはしっかりと効果が出ている人が多いことが口コミでも分かります。この2つのサプリのどんな成分がどんな効果をもたらしてくれるのかを見ていきます。